インプラントとはインプラントとはどんなもの?

インプラントとは、自分の歯のように噛める見た目も自然な第二の歯

インプラント(デンタルインプラント)とは、歯を失った際、その箇所に人工の歯根を埋め込み、新しい歯を作り出す治療法を言います。
欠損箇所の顎の骨に穴を開け、歯根(インプラント)を埋め込み、単独の歯を作るのです。歯を失った時の治療法に、ブリッジや入れ歯がありますが、これらのデメリットを解消できる治療法として、インプラントが多くの歯科医院で導入されています。

インプラントの構造

インプラントはチタン金属で出来ていて天然の歯同様に歯槽骨に埋め込まれます。

インプラントの構造

インプラント上層部

人工の歯の部分です。種類も多数ありそれぞれに特徴があり、メリット・デメリットもあります。費用や審美性を考え装着すると良いでしょう。

ゴールドクラウン
金を主体に他の金属を混ぜて合成した金属。
○メリット
天然の歯に近い硬さの為歯によくなじみやすいのと腐食する事がない。
△デメリット
審美性があまり良くない。
ハイブリッドセラミッククラウン
プラスチックとセラミックを混ぜて作った被せ物。
○メリット
変色につよく、天然のはの様な色を再現可能。金属アレルギーをお持ちの方でも使用可能。
△デメリット
使用年数が増すと艶や耐久性がなくり破損する恐れがある。
メタルボンド
金属の表面にセラッミクを焼き付けたかぶせ物
○メリット
変色につよく自分の歯のような色調再現が可能で強度も高い。
△デメリット
使用されている金属の種類によってアレルギーを引き起こす可能性がある。又歯茎に変色が起こる場合もある。審美性はオールセラミックより低い。
オールセラミッククラウン
名前の通り全てセラミック製の被せ物
○メリット
金属のアレルギーがある方でも使用可能。艶もあり天然の歯の様な審美性と変色をする可能性が最も低い。
△デメリット
全てセラミック(陶材)で出来ているため、強度が低く高額。
ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニア(人工のダイヤモンド)の表面にセラミックを焼き付けた被せ物。
○メリット
ジルコニア(ダイヤモンド)なので強度が高い。艶があり審美性も高く金属アレルギーでも使用可。能。
△デメリット
治療費が最も高額。

無歯顎(歯が全てない)でも治療が可能なall-on-4(オールオン4)

歯周病・事故・虫歯などで歯を全て失ってしまったという方でも諦めることはありません。歯が一本もない状態でも治療は可能です。オールオン4は通常のインプラント治療とは違い、方顎を4~6本のインプラントで支えることが出来る為費用的にも肉体的にも負担が少ない治療方法です。

*******
1.歯が一本もない状態の顎
*******
2.無歯顎に4本のインプラント(人工歯根)を埋入します。
※患者様の顎骨の状態により5、6本(オールオン5、オールオン6)埋入する場合があります。
*******
3.人工の歯をセットします。一日で仮の歯をセットする事が可能な場合もあります。

※オールオン4の詳細についてはオールオン4(オールオンフォー)とはを参考にしてください。

インプラントが天然の歯のような噛み心地を取り戻せる理由

インプラントが自分の歯と変わらない安定した噛み心地を得られる理由は、人工歯根の素材「チタン」にあります。チタンは骨と結合する性質を持っているのです。このチタンの性質は1952年、スウェーデンのブローネマルク博士によって発見されました。インプラントを治療する歯科医師 彼は、骨とチタンが結合することを「オッセオインテグレーション」と名付け、歯科治療に応用しています。臨床実験にも成功し、第1号のインプラントは、施術を受けた男性が死ぬまでの40年間、トラブルなく機能していたとされています。
60年もの時が経ち、インプラントは噛み心地だけでなく、審美性も追求され、天然の歯と変わらない仕上がりになるほどの進化を遂げていますが、インプラント素材としてチタンが最も優れているというのは、現在も変わりありません。

~なぜインプラントなのか~ 選ばれる6つの理由

1.噛み心地が良い

自分の歯と変わらない噛み心地が得られます。また、噛む力も強く、天然の歯の80%くらいとされています。(総入れ歯の噛む力は、天然歯の20%程度)

2.他の歯に悪影響を与えない

独立した歯を作ることができるので、ブリッジ治療の様に他の歯に負担をかけることはありません。

3.顎の骨が痩せるのを防げる

インプラントは、咀嚼による刺激が顎の骨に伝わるため、顎の骨が痩せるのを防ぐことができます。

4.寿命が長い

適切なメンテナンスを行うことにより、長く使う事ができます。当院では10年の保証があります。(定期的なメンテナンスを行っていただける患者様対象)

5.外れることがない

インプラントは、顎の骨に固定しますので外れにくく、食事や会話に影響しません。

6.認知症の予防に役立つ

よく噛むことは、脳の刺激となり、認知症の予防にも役立つとされています。

インプラントは究極のアンチエイジング

インプラントは究極のアンチエイジング

インプラントは、シワやたるみを予防し、見た目のアンチエイジングにも役立つと言えます。 インプラントは歯槽骨に刺激を与え、顎の骨が痩せるのを予防します。顎の骨が痩せると、皮膚はそのままなので、シワ・たるみの原因となってしまうのです。また、インプラントならばよく噛めて、脳にも刺激が伝わりますので、認知症の予防や脳のアンチエイジングに役立つとされています。インプラントは、食べたい物を食べ、煩わしさを感じることなく会話を楽しみ、見た目にも若々しくなれる将来のQOL(生活の質)向上に役立つ治療法とも言えるでしょう。