インプラント専門医とは良質なインプラント治療とは

インプラント専門医なら安心!?良質なインプラント治療とは?

インプラント治療は、どこの歯医者でも同じ治療を受けられるわけではありません。インプラントは、外科手術が必要になりますから、骨の構造や神経の走行など、解剖学的な知識が必要であり、多くの治療実績や経験が必要になると言えます。近年は、インプラントに特化した「インプラント専門医院」も増えていますが、一方で十分に経験を積んでいない医師による、インプラント治療の失敗が報告されているのも事実です。 より安全性の高い治療を行う医院・医師の選択が必要になっていると言えるでしょう。

インプラント専門医とは?

インプラント治療は、インプラント専門医資格がなくても、歯科医師ならば誰でも行うことができます。
しかし、インプラント治療は従来の治療方法とは異なり、外科手術が必要になりますから、手術のテクニックはもちろん、解剖学的な知識も必要になる治療です。

「インプラント専門医」とは、学会やインプラントメーカーなどの団体から、インプラント治療に関する一定の知識や技術、経験などを認められたことを証明する資格です。 認定する団体によって認定基準は異なりますから、単に「インプラント専門医だから安心」ということにはならないでしょう。取得することも資格を持ち続けることも大変な資格もあれば、そうでない資格もあるのです。 インプラント治療のための歯医者選びにおいて、専門医・認定医資格は、治療の経験や技術、知識などを持ち合わせているかどうかの指標になりますが、どこの団体に認定された資格なのか、という点も重要でしょう。特に東京など首都圏には、インプラント専門医・認定医は多くいます。「どの専門医が良いのか」と迷う人も少なくないでしょう。資格だけでなく、信頼できる医師なのか、安心して治療をお願いできる医院なのか、設備や機器、症例数、保証期間、術後のメンテナンスなども確認することも必要です。

学会により異なる認定医・専門医制度の違い

主なインプラント学会に、国際口腔インプラント学会(ICOI)、日本口腔インプラント学会が挙げられますが、それぞれに次に紹介するような、認定基準が設けられています。 これらの学会の資格には、さらに高い技術や知識を持ち合わせた医師が認定される「指導医」資格があります。

国際口腔インプラント学会(ICOI)
認定医制度

学会や国内外の大学での研修への参加、インプラント症例の提出(本歯を装着後、1年以上経過している症例を10または20症例)、プレゼンや面接などの試験合格 といったことが必要になります。
また、3年に1度の更新が必要ですから、資格取得後もインプラント治療について学び、技術を磨き続けなければいけません。

日本口腔インプラント学会専門医制度

薬剤の投与は、患者様の年齢や体調といった要素を考慮し、それぞれに適した形で行います。また随伴の麻酔専門医による、常時のモニターチェックのもと治療を進めますので、たとえ治療中に患者様の容体に変化が起こっても、すばやく適切に対応することができます。心身への負担を最小限に抑えた静脈内鎮静法と、麻酔専門医による徹底した全身管理。これにより、「無痛でノンストレスで安全なインプラント治療」の実現が可能となっておりますので、インプラントやご自身の健康に関してさまざまな不安をお持ちの方でも、ぜひ治療相談ください。

院内イメージ
院内イメージ
院内イメージ

インプラント専門医院とは?

近年「インプラント専門医院」という言葉を耳にすることがあると思いますが、「インプラント専門医」とは異なり、「インプラント専門医院」は学会などで認定されて謳っているものではありません。一定の基準があるわけではないのです。

しかし、インプラント治療には専門的な施設が必要であるのは確かであり、高度な治療には、設備や機器、環境が必要となります。 当院は、インプラント治療に特化した専門施設でインプラント治療を行っています。完全個室の専用手術室やカウンセリングルーム、消毒室、入院設備、歯科用CT、全身管理体制など…より安全性が高く、高度な治療を行える環境を整え、本当の意味での「専門医院」「インプラントセンター」で質の高い治療を提供しています。

健康を考えたインプラント治療のために

健康を考えたインプラント治療のために

インプラント治療は、失った歯を補う治療方法です。しかし、見た目の良い歯を補えば良いというものではありません。 歯周病の徹底的な治療や噛み合わせの調整、長期的に機能を維持するためのメンテナンスなど、さまざまな分野を総合的にカバーする歯科医療が必要となります。このことが、口の中の健康だけでなく、全身の健康、そして長期に渡り機能するインプラント治療につながると言えるでしょう。

当院理事長は、インプラント専門医・指導医であるだけでなく、噛み合わせ治療や歯内療法、矯正治療、歯周病治療、口腔外科治療など、幅広い分野のプロフェッショナルでもあります。 質の高いインプラント治療、つまりは、総合的に健康の向上を目指す「包括的歯科診療」を提供しています。

術前の準備治療が大変重要です

術前の準備治療が大変重要です

インプラント手術が正しく行われれば、治療が成功するというわけではありません。質の高い治療のために、インプラント埋入前に準備が必要です。術前治療で行うことの一つに、虫歯や歯周病の治療があります。口の中に病気がある状態でインプラント手術を行ってしまうと、インプラントに細菌の悪影響が及んでしまう可能性があるのです。 残っている歯が健康でなければ、インプラント治療は成功しません。治療後のインプラントのトラブルを防ぐため、術前に徹底的に病気の治療を行います。また、インプラント治療の前に噛み合わせの調整も行います。悪い噛み合わせはインプラントに過度な負担をかけ、インプラントトラブルの原因になります。

インプラントが失敗する原因と言えば、細菌感染をイメージする人も多いのですが、噛み合わせが悪いことによるトラブルも多いのです。 噛み合わせの調整は、インプラントはもちろん、残っている歯の負担も軽減し、寿命を伸ばすことにつながります。