インプラントの無痛治療を目指して静脈内鎮静法の特長について解説

当院は、インプラント手術で静脈内鎮静法を行っている歯科医院です

ライオンインプラントセンターには、日本歯科麻酔学会認定医が常勤しており、インプラント手術の際に静脈内鎮静法を担当しております。

インプラント手術の不安を軽減する、静脈内鎮静法とは?

!静脈内鎮静法の特長

  1. 治療中に、痛みや不安・恐怖・緊張を感じなくなる
  2. 手術時間の経過が早く感じられる
  3. リラックスしてインプラント治療を受けられる
  4. 全身麻酔より体にかかる負担が小さい

静脈内鎮静法は、鎮痛・鎮静などの効果がある薬剤を、静脈内に投与する麻酔法です。静脈内に投与すると痛みを感じにくくなるほか、うたた寝やお酒でほろ酔いしたような意識がぼんやりとしたリラックス状態になるため、インプラントの治療中に、精神的な苦痛を感じることを軽減できます。静脈内鎮静法は、いわゆる全身麻酔とは違いますから、治療中でも意識が残っています。しかし薬の作用のおかげで、治療中に不安・恐怖・緊張といった感情が湧くことが減ります。全身麻酔より体にかかる負担が小さくて済む、手術時間の経過が早く感じられるのも、静脈内鎮静法の大きな特長です。

インプラント治療やご自身の健康に不安がある方に、おすすめの麻酔法です

!静脈内鎮静法は、こんな患者様におすすめです

  1. インプラント治療に、大きな恐怖を感じる方
  2. 緊張による嘔吐反射のある方
  3. 持病への影響が心配な方
  4. 一度に多くのインプラントを埋入される方

薬剤の投与は、患者様の年齢や体調といった要素を考慮し、それぞれに適した形で行います。また随伴の麻酔医による、常時のモニターチェックのもと治療を進めますので、たとえ治療中に患者様の容体に変化が起こっても、すばやく適切に対応することができます。心身への負担を最小限に抑えた静脈内鎮静法と、麻酔医による徹底した全身管理。これにより、「痛みを軽減したノンストレスなインプラント治療」の実現が可能となっておりますので、インプラントやご自身の健康に関してさまざまな不安をお持ちの方でも、ぜひ治療相談ください。

インプラント治療やご自身の健康に不安がある方に、おすすめの麻酔法です

静脈内鎮静法を用いてのインプラント治療の流れを紹介します

静脈内鎮静法を用いてのインプラント治療が、一体どのような流れで行われるのか、とても気になりますよね。治療前に担当麻酔医より詳しい説明がありますが、あらかじめ知っておくと、気持ちの準備を整えられると思いますので、ぜひ参考にしてください。また麻酔医の説明に不明点がございましたら、どんな些細なことでも、お気軽にお尋ねください。

1
血圧計、心電図、血中の酸素濃度を計測するクリップなどを、体に装着します。
2
腕の静脈もしくは手の静脈に、点滴注射の針を入れます。
3
天敵の薬を静脈内に流し、心身をリラックス状態にします。
徐々にぼんやりした気分になってきますが、人によっては眠りに落ちてしまうこともあります。
4
インプラント手術を始めます。
麻酔医が、常にモニターで体の状態を把握、管理しています。
5
手術が終わるタイミングで目が覚めるように、薬の投与をストップします。
6
手術が終わったら点滴の針を抜いて、体調や気分が元通りになるまで休息をとっていただきます。

※患者様のお体の状態によっては、静脈内鎮静法を適用できない場合もあります。