インプラントの相場値段は地域で違う!?東京の平均費用

インプラントはだいたいいくら?全国・東京など首都圏の相場の違い

治療イメージ

インプラントは自由診療ですから、歯科医院が独自に費用を設定できます。そのため、歯医者によって値段が違うので、費用重視で歯科医院を選ぶ人も少なくないと思います。

しかし、インプラントは外科手術が必要になりますから、リスクを伴います。安易に、「安いから」という理由で歯医者を選ぶのはお勧めできません
安全性治療の質(医師の技術)を考慮して、歯医者を選ぶことが大切です。

インプラント費用の違いはどこにある?

治療イメージ

インプラント本体の値段は、メーカーによって異なります。信用のない安いインプラントを採用している医院もあれば、費用はかかっても実績と信用のあるインプラントを使用している医院もあります。

また、治療の安全性を高めるための設備・機器にも費用がかかります。医師の技術向上のための研修・学会への参加、麻酔専門医の立ち合いなど…安全な治療のために費用がかかってしまうのが事実です。

平均的な治療費用よりも、極端に安い場合には、安全性を高める取り組みが十分でないことが懸念されるでしょう。
相場よりも値段が安い場合には、歯科選びを慎重に行うことをお勧めします

インプラントの相場は地域によって異なります

「1本15万円」などと宣伝している格安インプラントもありますが、1本60万円で治療を行っている医院もあります。

インプラントの費用相場は、地域によって異なり、東京など首都圏、大阪・愛知などの大都市では、値段が比較的高い傾向があります。

全国のインプラントの費用相場は30~50万円とされていますが、東京などの大都市では35~45万円とされています。

インプラント費用を安くしたい人の注意点

「インプラント1本〇〇万円」は治療費が掛かる総費用!?

「インプラント1本〇〇万円」の中に、どんな費用が含まれているのかを確認する必要があるでしょう。
インプラント本体と手術の費用しか含まれていないなど、実際にかかる料金の一部でしかない場合もあるのです。

また、インプラントの費用はその人によって違います。骨造成が必要になる場合もありますし、全身管理が必要になる場合もあります。
初回のカウンセリングで、治療にかかる総費用の見積もりを出してもらうと安心でしょう

「静脈内鎮静法を併用して、リラックスした状態で治療を受けたい」「被せ物はオールセラミックにしたい」など、自分の希望する治療を受けるには、いくらかかるのかということを治療前に確認することが大切でしょう。

治療部位によって費用が異なる可能性があります

前歯と奥歯で治療費用が異なる場合があります。前歯のインプラント治療は、骨造成や歯肉の移植などの治療が必要になるケースも多いです。
また、特に審美性が問われる部位でもあるため、審美性を追求すると、費用が高くなる場合もあります。

前歯治療の場合は、「インプラント1本〇〇万円」などの表示よりも、高くなる可能性が高いと考えた方が良いでしょう。

メンテナンス費用も事前に確認しよう

インプラントは、治療が終わった後もメンテナンスが必要になります。メンテナンス費用も治療費と同様に、保険が適用になりませんから、歯科によって値段が違ってきます。

インプラントを使い続ける限り、メンテナンスは必要になります。メンテナンス費用も含め、トータル的にみて歯科医院を選択することが大切だと言えます。

十分な保証がなければ再治療費がかかることも…

治療イメージ

インプラント治療は寿命の長い治療法ですが、いつ何が起こるかわかりません。
何らかのトラブルで再治療が必要になった時の保証は、条件や期間など歯科医院が独自に設定しているケースが多いです。

再治療が必要になった時の保証が充実していることも、治療後のさらなる出費を招かないために必要なことと言えるでしょう。