インプラント失敗の原因インプラントの失敗リスクは歯科医院選びの段階で決まっています

インプラントの失敗はなぜ起こる?患者自身で防げないトラブルもある

治療イメージ

近年、インプラント失敗・トラブルの報道をたくさん耳にしますから、失敗が怖くてインプラント治療に踏み出せない人も少なくないと思います。

自分自身で防げるものもあれば、自分自身で防げない失敗もありますから、歯科選びが肝心だということは言うまでもないでしょう。歯科を選んだ段階で、失敗・トラブルのリスクが決まっていると言っても間違いではないかもしれません。

インプラント治療が失敗すると、どうなってしまうの?

治療イメージ

インプラントの失敗・トラブルには、主に次のようなものがあります。

インプラント(上部構造)がぐらつく・脱落する

インプラントの挿入角度・位置などが適切でないこと、細菌感染などが原因になります。
(細菌感染については、術中の感染の他、術後のメンテナンスが不十分な場合にも起こります。)

術後に痛みや腫れ、麻痺、しびれなどの症状がある

インプラントの挿入角度や位置により、神経や他の歯の歯根に触れている(損傷している)場合に起こります。また、細菌感染が原因になる場合もあります。

人工歯が欠ける

噛み合わせが合っていないことが原因で、人工歯に負担がかかりすぎることによって起こります。
インプラントにかかる力が大きい場合には、人工歯根にも悪影響を及ぼします。

上記のような失敗・トラブルは、患者様自身で防げないものも多いです。インプラントの挿入角度・位置などが原因で起こるトラブルについては、患者様にはどうにもできない部分が大きいと言えます。

自身で失敗・トラブルを防ぎ、安全にインプラント治療を受ける方法とは

インプラントトラブルの実例
『長期の不快状態が続き精神的にも参っている』

ホームページを見て出向いた歯科クリニックでインプラントを契約。
抜歯をし土台を入れ5ヶ月が経過したが、炎症がおさまらず、精神的に参ってしまった。
治療の見通しがつかず、担当医師との信頼関係も持てなくなった。

『3年間も治療が終わらない』

上左側の歯一本をインプラント治療している。
元歯の抜歯など手術を2回した数日後に大量出血した。
担当医から、2回の手術で歯茎が欠落していると説明されたが、修復可能というので信じて通院を続けていた。
しかし一向に治療は終わらず3年経った今でも仮歯のままである。

(国民生活センター 報道発表資料より)

メンテナンスの不十分など、患者様側に原因がある場合もありますが、医師のミスなどが原因のインプラント失敗・トラブルが起きているのも事実です。
そのため、患者様自身でも対策をとる必要があると言えるでしょう。どの医院・医師のもとでも、同じ治療が受けられるわけではないので、慎重な医院・医師選びが必要になるのです。

《医師による失敗・トラブルの原因》

  • 検査が十分でない
  • 技術が不足している
  • 経験・知識が十分でない

インプラント治療の失敗・トラブルを回避する歯科医選びのポイント

CTスキャンなどの検査設備があるかどうか

インプラント治療にCT撮影は不可欠とも言われていますが、まだCTを設置していない歯科医院がほとんどです。他院で撮影のみ行うこともできますが、インプラント治療を行う歯科にCTが設置されていると安心ですし、他の医院へ足を運ぶ手間が省けます。

自分と似た症例があるかどうか

インプラント治療の技術や経験を証明するものとして、症例・症例数があると言えますが、どんなに多くの症例を持っていても、それが自分とは似ていない症例だったり、難易度の低い症例であっては、数だけで医師の技術や経験を判断できるとは言えません。
自分の症例に似た症例を見せてもらうことで、術後のイメージもできます。何より、自分のような症例は初めてだというのでは、治療を依頼するのも心配かもしれません。

近年は、医師の力量を超えた治療を無理に行い、失敗・トラブルを起こしてしまうケースが増えています。難症例になればなるほど、症例の確認は欠かせないでしょう

学会への参加、専門医なのかどうかなどを確認する

インプラントのみならず、歯科医療は日々進歩しています。学会や研修に参加し、より良い最新治療を学び、多くの知識・技術を身に付け、新しい情報を得ている医師も多くいます。
参加している学会や研修、取得資格などは、歯科医院のHPで確認できるので、医師の技術や知識を判断する材料になると思います。

インプラントの失敗・トラブルが心配な方は、インプラント専門医にぜひご相談ください。

治療イメージ

当院は、全国でも最大の規模を誇る、インプラント治療を専門に行う施設です。多くの方が相談にいらっしゃいますが、治療のリスクや成功率もお話しした上で、治療を行うか検討していただきます無理に治療を勧めることはありませんのでご安心ください。

当院では無料相談会を開催していますので、気軽に相談に来ていただければと思っています。(相談会は患者様一人ずつ対応させていただきます。)

また、歯科医院に多くの医師がいる場合、どの医師が担当になるのかという点も不安の一つだと思いますが、当院ではご指名いただければ、その医師が治療を担当します

当院のインプラント治療
  • これまでの総埋入本数は12,000本を超え、たくさんの症例を持っています。
  • CTスキャンはもちろん、オペルーム・消毒室・入院設備も完備しているインプラント専門施設です。
  • インプラントのグラつきや脱落を招く
  • ICOI(国際口腔インプラント学会)アメリカ本部理事・日本代表である院長も治療に当たります。