認知症予防にインプラント

インプラントで噛むことが認知症予防のカギ

介護士から介護を受けている高齢者

2011年に厚生労働省研究班が発表した調査では、65歳以上で自分の歯がほとんどなく入れ歯も使っていない人は、歯が20本以上残っている人に比べて、介護が必要な認知症になる可能性が1.9倍高くなるという結果が出ました。

歯を失うことが脳に与える影響

インプラントの模型

歯を失う原因となる歯周病などの炎症が脳に直接影響を及ぼすことやそしゃく能力の低下が、認知機能の低下を招く可能性が高いためと考えられます。失った「噛む力」を再び得て、認知症を予防するという観点からも、自分の歯と同じように噛めるインプラントは有効な手段と言えます。

年間1500本もの手術を行うインプラントに特化した当院では、埋入手術はすべて院長の鈴木が担当します。費用や治療法、不安な点など、無料相談会へのご相談をお待ちしております。(要予約)。