前歯のインプラント手術前に知っておくべき失敗例と注意点

前歯のインプラント治療

虫歯や歯周病が原因で、前歯を抜かなければいけないという場合、最も悩むのが治療法でしょう。特に入れ歯をするにはまだまだ若い世代の方にとっては、インプラントにするか?それともブリッジにするか?という点で、大いに悩まれることと思います。

インプラントは自分の歯で噛んでいるような感覚が得られるだけでなく、ブリッジのように隣り合った歯を削る必要もないことから、まさに理想的な治療法だといえます。ただし、そんなインプラント治療でもメリットばかりというわけではありません。

インプラントは治療法やメンテナンスを一歩間違うと、失敗につながる恐れがあります。特に、前歯のインプラントは、奥歯などのほかの部分よりも難度が高いことから注意が必要なのです。

前歯のインプラントが難しい理由

インプラントの構造・アバットメント・フィクスチャー・上部構造

歯科医師の技術力が不可欠のインプラント治療の中でも、前歯のインプラント治療の難度の高さにはいくつかの理由があります。ここでは、前歯のインプラント治療が難しいとされる、主な3つの理由を紹介します。

インプラントを埋入する部分の骨が薄い

臼(うす)のような形をしている奥歯に比べ、薄くて平べったい形をしている前歯が生えている部分も、歯を支える骨が薄いことから、インプラント治療が難しい場所だといえます。さらに、歯周病で歯を失った場合は骨吸収が進んでいることが予想される上、インプラントを埋入することでさらに骨吸収が進行する可能性があることから、骨再生治療が必要となる場合もあります。

歯肉が退縮しやすい

インプラントの埋入による骨吸収とともに考えられるのが、歯肉の退縮によって起こる後退です。機能的には問題はありませんが、インプラントの部分だけが歯茎後退してしまうと見た目が悪くなります。微笑んだ時の上唇のライン(リップライン)が高く、歯茎が見えやすい方は特に目立ってしまいます。

審美性が求められる

前歯のインプラントには、奥歯などの他の部分に比べ、見た目の美しさが求められるという特徴があります。人と接する際などにもっと目立つ場所なので、歯だけでなく歯肉や全体のバランスが自然な感じに仕上ることが必須です。

前歯のインプラントの失敗例

インプラント治療において、トラブルが多いというイメージをお持ちの方は、まだまだ多いのではないでしょうか。特に、機能性と審美性の両方が求められる前歯のインプラントでは、ここでご紹介する失敗例のようなことが起こりやすくなります。

患者様ご自身が防ぐことができないトラブルで失敗しないためには、知識・経験・実績がある歯科医師の治療を受けることが一番だといえます。

他の部分より歯が長く見えてしまう

骨吸収により歯肉が後退することで、インプラントの部分のみ歯が長く見えてしまいます。また、インプラント本体の埋入位置が不適切で、隣り合った歯よりも前に突き出た状態になってしまうと、他の歯よりも長く見えることがあります。こうなってしまうと、歯肉を移植して露出部分を隠すという回避方法をとることになります。

アバットメントの透けた部分が黒ずんで見える

歯肉の後退や歯茎が薄くなると、人工の歯を支える部品「アバットメント」が透けてしまって歯肉部分が黒ずんで見えてしまいます。インプラントを埋入する際に歯肉の薄さが気になる場合は、チタンなどの金属製ではなく白いジルコニア(セラミック)製を選ぶことで、歯肉の黒ずみを防ぐことができます。

インプラント本体が動揺・脱落する

骨に埋入したインプラント本体がぐらぐらする、また、最悪の場合はインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。原因としては、インプラント本体と骨がしっかり結合していない、インプラントを埋入する部分の骨が不足している、細菌への感染が考えられます。

前歯のインプラント治療を受ける際の3つの注意点

1.早めに治療を受けましょう

インプラント手術室

インプラント治療をお考えの場合は、虫歯や歯周病で歯を喪失してから、早めに歯科を受診する必要があります。歯が抜けた状態で放っておくと、骨が痩せてしまってさらに骨が薄くなってしまうことから、さらに治療が難しくなってしまいます。

2.費用を事前に確認しましょう

インプラント治療を受ける際は、一般的なインプラントの費用で済むこともありますが、場合によってはそれ以外の費用が発生することがあります。骨吸収や歯肉の縮退が進んでいる場合は、骨や歯茎を厚くするための手術を行うことから、さらに費用が必要になります。さらに麻酔代など、別に請求される費用があることから、事前に治療費の値段を確認しておくと安心です。

3.同様の症例のある病院を選びましょう

はじめにご紹介したとおり、前歯のインプラント治療は他の部分よりも難しいことから、経験豊富な歯科医院を選ぶことをおすすめします。受診の際、医師としっかり話し合った上で病院を決めても遅くはありません。また、ホームページに掲載されている過去の症例を確認したり、医師に直接写真を見せてもらうことも、その医院の治療経験を知る目安となります。