デンタルローンインプラントなどの自由診療の費用の支払い

デンタルローンで高額な治療費を無理をせずに返済

デンタルローンで、自由診療の高額な治療費を支払うことできるということをご存知ですか?
最新のインプラント治療を受けたいけれど、高額の医療費を支払うことができない。そんな患者様のために、当医院ではデンタルローンを取り扱っております。

デンタルローンは分割払いができるため、月々わずかな支払いで治療を受けることができます。ここでは、高額な費用が原因で治療を諦めざるをえないという方や、無理をせずに治療費を支払いたい方におすすめのデンタルローンについてご紹介します。

デンタルローンとは?

デンタルローンとは、歯科治療にかかった費用を患者様の代わりに、信販会社が歯科医院に支払う制度のことをいいます。お申込みから支払いまでの主な流れは以下の通りです。

デンタルローン関連図

まずは、インプラント治療の前に患者様からお申込みをいただきます。それにより治療後、信販会社から直接歯科医院へ治療費が立替払いされます。患者様は、信販会社が立替払いした治療費および手数料を、ご要望に応じた回数で分割払いすることで、治療費の支払いが完了します。

デンタルローンの4つのメリット

保険適用外のため高額な費用がかかるインプラントも、諦めずに治療を受けることが可能になるデンタルローンには、主に以下のような4つのメリットがあります。

4つのメリット
  1. 治療費を分割で支払うことで、無理なく返済することができる
  2. 治療費に応じてご利用額が幅広い
  3. 支払い回数が選べるほかボーナス月の加算返済が可能
  4. 歯科治療専用のため他のクレジットよりも金利がお得

なお、デンタルローンには審査がございます。お問い合わせの際、申込み資格をご確認ください。

デンタルローンによる支払いが医療費控除の対象に

年間の医療費が一定額を超えた場合、医療費控除を受けることができます。その際に控除される医療費は、現金払いのほかローンやクレジットで支払った治療費も対象となります。

その年の1月1日から12月31日までに支払われた医療費が10万円を超えた場合、翌年の確定申告の際に申請すると、所得が控除されます。これにより、払いすぎた所得税が還付されるほか、翌年の6月以降に徴収される住民税が軽減されるのです。

医療費控除を受けるためには、勤務先で年末調整を行う会社員や公務員の方も、ご自身で確定申告を行わなければなりません。また、デンタルローンで支払った治療費の医療費控除を受ける場合は、信販会社との立替払契約書や領収書を、確定申告書に添付する必要があります。

医療費控除についての詳細は、「インプラントは医療費控除の対象」をお読みください。

金利がお得なジャックスのデンタルローンのご案内

当医院では、JACCSと提携した独自のデンタルローンをご紹介しています。デンタルローンでは、患者様がジャックスと立替払(クレジット)契約を結ぶことによって、ジャックスが立替払いを行った治療費と手数料を分割でお支払いいただきます。

デンタルローンの図

独自の低金利で手数料の負担を軽減

当医院でご利用可能なデンタルローンでは、自費治療をお受けになる患者様の経済的なご負担を軽減するために、手数料の金利が実質年率5.5%と特別に優遇されています。これにより、利率が10~15%のクレジットカードで分割払いするよりも、お支払いただく手数料がかなりお得になります。

月々無理なくご返済をしていただくためのモデルケース

デンタルローンをご紹介する際、患者様には無理なくご返済していただくために、支払期間や支払方法をお選びいただいています。ここでは参考として、100万円を5年で返済される場合の返済モデルをご紹介します。

ご利用金額 1,000,000円
ご返済回数 60回
実質年率 5.5%
ボーナス払い なし
分割支払い手数料 146,040円
支払い総額 1,146,040円
毎月のお支払額 19,100円

デンタルローンは、月々の返済可能な無理のない返済回数をお選びください。
なお、デンタルローンの詳細につきましては、当医院の受付、またはお電話(042-720-8811)にてお問い合わせください。