奥歯とインプラント抜歯後トラブルはインプラントで防げる

喪失奥歯をインプラントで補綴しておきたい理由

奥歯に埋入されたインプラント

皆さんは虫歯をこじらせるなどして奥歯を抜歯した後、どうされていますか?特に何もしないでいる方も多いのではないでしょうか。実は奥歯を抜歯した後は、対合歯の挺出や咀嚼力低下など、さまざまなトラブルが起きやすいので、何もしないでいることはあまり良いことではないのです。トラブルを防ぐためには、インプラントを埋め込むなどして、喪失した奥歯の補綴をしておく方法が有効です。

奥歯の抜歯後は、歯の挺出などのリスクがある

おそらく奥歯を1、2本失くしたところで、大きな不自由を感じる人はいないでしょう。まだたくさん歯が残っている、目立たないところの歯だから別にいい、むしろ虫歯になりやすい歯が減ってくれて清々した…。なかには、このような考え方をする患者さんもいらっしゃるかもしれません。

お気持ちは分からなくもありません。しかし奥歯が無くなること、また喪失状態をずっと放置することは、正直良いこととは言いがたいです。奥歯が無いと、対合歯の挺出(向かい側の歯が伸びてくること)、食べ物を噛む力の低下、発音や噛み合わせに影響するなど、多くのトラブルが生じるリスクが上がるからです。

以上のようなトラブルが身に起こると、食事など生活に不便するようになりますし、全体の健康にも良くありません。ですから、奥歯を抜歯したら、できる限りインプラントなどで補綴しておくのが安全なのです。

インプラントなら、健康な残りの歯を傷つけない

ブリッジの装着図 健康な両側の歯を削って装着している場合

奥歯があった場所の補綴は、インプラントのほか延長ブリッジでも行えます。ただし延長ブリッジは、人工歯を支える支柱歯を設けるために、健康な歯を2本も大規模に削らなければいけません。削られた歯はもろく、寿命もあまり長くありません。延長ブリッジは、歯の健康に良いとは言えない治療法なのです。

インプラントの場合は独立構造の器具を骨に埋め込みますから、支柱歯を必要としません。つまり健康な歯を犠牲にして大きく削減するなどしなくとも、治療が成立するのです。大切な残りの歯を傷つけたくない方は、延長インプラントよりもインプラントでの補綴を選択されたほうが良いでしょう。

天然歯に負けない咀嚼力や審美性が手に入る

インプラントには、他にもたくさんの長所があります。まず、顎骨と密に結合しているので、強い咀嚼力を得ることができます。インプラントの咀嚼力は、天然歯の咀嚼力に負けないと言われています。手術成功や術後の念入りなケア・メンテナンスが前提ですが、少しくらい硬い物をかじっただけでは、安定性を欠いたり脱落したりすることはありません。

また、インプラントは本物の歯に沿った構造のものですから、噛み心地においても、天然歯に限りなく近いです。さらにインプラントは、審美的な面も優れています。天然歯と変わらない外見ですから、たとえ治療箇所を人に見られたとしても、偽物の歯を入れていることに気付かれることはまずないでしょう。

虫歯で奥歯を失くさない努力が何より大切!

歯ブラシ

インプラントなど、良い補綴治療を選択することはとても大切です。しかし何よりも虫歯になって歯を失くさないことが第一です。奥歯は虫歯になるリスクが高く、抜歯治療で無くしてしまいやすい歯です。ですから歯磨きやプラークコントロールを日頃からしっかり行って、予防に励むようにしてください。